信用詐欺師の意味とは?映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
香港の景色

私事ですが、長年のテレビ離れというか地上波放送離れにより、唯一観ているのは『家、ついて行ってイイですか?』くらいでして、映画は観まくっているのにドラマなんてしばらく観ておりません。そんななか、友人から『コンフィデンスマンJP』というドラマが面白いと勧められ、なんとなく気になりつつも結局観ていなかった(←おい)ところ、良いタイミングで映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』がプライムビデオに新規追加されたわけです。

「これが噂のコンフィデンスマンJPってやつかぁ!」とリアクションしたところで調べてみると、元々一話完結型のストーリーらしく映画もドラマを見てなくても楽しめるとのこと。しかも脚本は『リーガル・ハイ』シリーズの古沢良太だと?これは期待せざるを得ない。今からドラマを見返すのは時間かかるし(めんどくさいし)、とりあえず映画から観てみることにしました。

そこで今回は、映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』の感想と、聞きなれない「コンフィデンスマン(信用詐欺師)」という言葉の意味についてご紹介いたします。

Let’s go to the 香港!ブーーーン!

 

『コンフィデンスマンJP ロマンス編』ってどんな映画?

コンフィデンスマン(信用詐欺師)のダー子、ボクちゃん、リチャードは世界最高峰のパープルダイヤを狙い香港へと旅立った。そこには、パープルダイヤを狙う天才詐欺師・ジェシーの姿もあった。

引用元:MIHOシネマ

【作品情報】
監督:田中亮
脚本:古沢良太
出演:長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、三浦春馬、江口洋介
主題歌:Official髭男dism『Pretender』

 

楽に見れて痛快!そしてまさかの結末に驚かされる!

とにかく面白くて見応えのある映画です。各登場人物のキャラも良い、物語のテンポも良い、ギャグも面白い、有名俳優をちょい役で使うなど小ネタもある、そしてオチまでしっかりしている。ドラマ版を観ていればもっと面白いのでしょうが、観ていなくても十二分に楽しめる内容でした。

特に印象に残ったのが、長澤まさみ演じる「ダー子」。めっちゃ突き抜けてる。長澤まさみがギャグ方面にフルスイングなんですよ。これがスベってないのがまた凄い。これに続けと東出昌大演じる「ボクちゃん」と、小日向文世演じる「リチャード」が追い打ちをかけるかのように盛り上げる。さらに小手伸也演じる「五十嵐」がスパイスかの如く、ちょい足ししてくる。この3人プラス1人の絶妙なマリアージュが美味い(上手い)!あと、江口洋介演じる「赤星栄介」もマフィアのボスで強面なのに、なぜか愛嬌があって嫌いになれないキャラで、『コンフィデンスマンJP』という作品の世界観の敵役としてはピッタリでした。

このままだとギャグ映画のようですが、内容はもちろんしっかりと練られており、コメディー映画らしく楽にみれるのに見応えのある仕上がりとなっています。テンポの良いストーリーを展開しながら、ダー子たちの痛快なやり取りを繰り広げ、後半はクライマックスへとどんどん引き込む、そして驚きの結末で締めくくる。見ていて飽きないし、嫌な場面もない、清々しく小気味好い気持ちで観終えることができるのです。

終わってみれば、私たちもダー子たちに騙されていたのかもしれませんね。これぞコンフィデンスマンと言わんばかりに、練り上げられた構成はまさに秀逸。「ドラマ版も観てみたい!」と、新規ファンの獲得もバッチリなのではないでしょうか。

あと、『コンフィデンスマンJP』もドラマから映画化のお決まりである「海外ロケ」だったわけですが、もはや香港であることに意味があるのか?と思ってしまうほど自然なストーリー構成で、余計な海外頼りの演出もなく個人的には良いと思いました。

ぜひ、ドラマ版を観たことがない人にもおすすめしたい映画です。

 

コンフィデンスマン(信用詐欺師)の意味とは?

映画のタイトルにもなっている「コンフィデンスマン(confidence man)」とは「詐欺師」のことで、「信用詐欺師」とも言います。

信用詐欺師とは、「信頼関係を築いたうえで、最終的に報酬を騙し取る詐欺師」のことを意味しているようです。例えば、はじめは小さな取引から始めて、それを繰り返すことで少しずつ信頼を得る、その後大きな取引を持ちかけ最終的に大きな報酬を騙し取る。と言った感じです。映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』や、ドラマを見ていれば、なんとなく想像がつくのではないでしょうか。

もしかしたら、「良い詐欺師」のことを意味しているのかなと思ったりもしましたが、「コンフィデンスマン」はそのまま詐欺師という意味だったんですね。というか良い詐欺師なんているのか・・・。ライアーゲームとか漫画の読みすぎか。

ちなみにコンフィデンスマンは、略して「コンマン(con man)」と呼んだりもします。映画の中で「コンゲーム(con game)」という言葉が出てきましたが、これは「詐欺」という意味で「コンフィデンスゲーム(confidence game)」の略語だったんですね。

ドラマを観ていれば、話の中に「コンフィデンスマン」の意味が出てきたりするんでしょうか。

ロマンス編が面白かったので、ドラマの方もチェックしてみようと思います。

 

2作目の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』も気になる!

なんと7月23日より映画2作目となる『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が公開されます。
ダー子、ボクちゃん、リチャードたちが、今度はどんなコンゲームを繰り広げてくれるのかも注目ですが、私個人的に特に気になるのが、新たな登場人物「ブリジット」を演じるビビアン・スー!ビビアン・スーです!

ここ大事なので2回言いました。

ビビアン・スーと言えば、南原清隆と天野ひろゆきと組んだユニット「ブラックビスケッツ」通称「ブラビ」の『Timing(タイミング)』という曲が有名ですよね。あれ、約148万枚売れたんですよ?ヤバくないですか?あのビビアン・スーが45歳とか、時の流れを感じざるを得ません。それにしても45歳であの可愛さは反則級でしょう。なんなんだあの美貌は・・・。

と、かなりビビアン・スーの話で脱線しましたが、とりあえず『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が楽しみですね。

さて、ドラマ版も観なくては!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*