【映画好き必見】MIHOシネマなら7000作品以上のあらすじが読み放題!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
MIHOシネマ

「見たい映画がなかなか見つからない・・・」

「気になる新作映画があるけれど、見る前にあらすじだけでもチェックしておきたい・・・」

「昔見たあの映画がどんな話だったか知りたい・・・」

映画にまつわるそんな悩みをサクッと解決してくれるのが、7000作品以上もの映画のあらすじや解説を紹介しているサイト『MIHOシネマです。見終わった後に映画の内容を振り返ったり、まだ見ぬ名作との出会いのきっかけになったりと、まさに映画の総合メディアと呼ぶにふさわしい存在であります。

そこで今回は、「映画を見るなら右手にポップコーン、左手にMIHOシネマ」と言っても過言ではないほど映画好きにとって手放せない存在である『MIHOシネマ』の魅力をたっぷりとご紹介いたします。

 

『MIHOシネマ』の4つの魅力

最新作から旧作まで7000作品以上を紹介

『MIHOシネマ』最大の魅力といえば、紹介している映画の数の多さでしょう。

現在7000作品以上もの紹介記事が掲載されており、さらには新たな記事をほぼ毎日更新しているという凄さ。「今日はどんな映画が紹介されているのだろう」とついつい毎日サイトを開いてしまうという方も多いのではないでしょうか。

紹介されている映画は、公開中の最新作から懐かしの旧作、大ヒットした話題作やB級映画など幅広く扱っており、まだ見たことのない映画と出会うきっかけにもなりますよ。

映画のあらすじが「起承転結」でわかりやすい

紹介されているあらすじは、「起」「承」「転」「結(ネタバレ)」に分けてまとめられており、映画の内容を把握するのに大変わかりやすい構成となっています。

各項目の内容については結構詳しく書かれているので、続編映画の公開前に前作をおさらいしたいというときに便利ですね。

まだ見たことがない映画のあらすじを知りたいけれど、結末のネタバレまでは知りたくないという方でも、記事内の見出しを見て「起」や「承」で読むのをストップすることができるので、「うっかりネタバレまで読んでしまった」なんてこともありません

映画の検索方法が充実

7000作品以上も紹介記事があると逆に探すのが大変なのでは?と思われるかもしれませんが、そんな心配は全くありません。

『MIHOシネマ』には、あなたが探している映画や見たいジャンルの映画に辿り着くための方法がたくさん用意されているのです。

  • 映画ジャンル別おすすめランキング
  • 海外俳優別おすすめ映画
  • 日本俳優別おすすめ映画
  • 上映中のおすすめ映画
  • 今月公開のおすすめ映画
  • 公開予定のおすすめ映画
  • 動画配信サービスから探す
  • 映画タイトルから探す
  • 映画シリーズから探す
  • 映画賞・映画祭から探す
  • 映画ジャンルから探す

これだけ探す方法が用意されていれば、あなたの目的の映画もきっと見つかるはずです。

新たな映画との出会いもたくさんありますよ。

映画の動画配信サービスを一覧で紹介

『MIHOシネマ』では、公開が終了した映画が以下のどの動画配信サービスで見られるかを各記事ごとに一覧で紹介されています。

  • U-NEXT
  • Hulu
  • Amazonビデオ
  • dTV
  • ビデオパス
  • TSUTAYA TV
  • ビデオマーケット
  • Netflix

見たい映画がどこで配信されているか、わざわざ自分で調べなくても『MIHOシネマ』で見つけた映画の記事を見れば、すぐに対象の動画配信サービスにアクセスすることが可能なわけです。

動画配信サービスも次々と増えてきていて、自分で探すのは結構手間ですし、これはすごく助かりますよね。

 

MIHOシネマ編集長のつぶやきも必見!?

映画好きにとって魅力いっぱいの『MIHOシネマ』ですが、サイトを運営されている影山美穂さん(@mihocinema)もかなり魅力的な方なのです。

影山さんは映画の記事だけでなく、ツイッターの更新頻度もかなり高く、さらにはその個性的なつぶやきに注目が集まっています

どうやら絶賛婚活中のようです。

結構ギリギリのラインを攻めたつぶやきも多いですので、ぜひフォローしてみてくださいね。

影山さんとの良い出会いが待っていますよ。

 

もちろん最新映画の情報や、映画にまつわるアンケートなど、映画に関するつぶやきもたくさんありますのでご安心を。

 

映画を探すなら『MIHOシネマ』

懐かしの名作から話題の最新作まで、まだ見ぬ映画と私たちを繋いでくれる『MIHOシネマ』の魅力をご紹介しました。

映画の感想・考察をメインとしている当ブログ『ワクワクトレーラーズ』としても『MIHOシネマ』くらいの記事数を目指していきたいところであります。(まだまだ足元どころか地面に埋まっているくらい及びませんが・・・)

みなさんも見たい映画がなかなか見つからないというときは、ぜひ一度『MIHOシネマ』をチェックしてみてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*